知り合いに出会ってしまいました

私はちょっと一時期ホストにかなり入れこんでいた時期がありまして、そのときにかなりお金を使ってしまって借金まで作ってしまうじたいになってしまったんです。

 

 

さすがに、親にホストに金をつっこんで借金をしてしまったなんてことは言うことができるわけもなく、何かお金をたくさん稼げる仕事はないものかということを知り合いに相談したときに紹介してもらったのが風俗店だったんです。

 

 

紹介してくれた人は某所でバーをやっている女将さんで風俗の世界にも精通していた人だったので安全性の高い信頼できるお店を紹介してもらったのです。

 

 

わたしはそこの風俗で二年間くらい働いていたんですけど、そこで経験したことのなかには楽しいこともあれば当然のことながら苦しいこともたくさんありました。

 

 

嬉しいことといえば男と言ってもお客さんから気持ちよかったよとか、また会いたいなとかのお褒めの言葉をもらったりすることや、お客さんのなかには誕生日とかにプレゼントをくれる人なんかもいました。

 

 

幸せなことに私が働いている間にプレゼントしていただいた総額はおそらく100万円ぶんはゆうにこえると思います。

 

 

基本的に私の風俗嬢キャリアとしては比較的幸せな部類にあったと思います。

 

 

しかし、一つだけ絶対にわすれることのできないつらい状況もありました。

 

 

私はいつものように風俗店で働いていました。

 

 

その日はちょっとお客さんが少ない日であんまりお客さんがきていなかったので私の出番もなく暇にしていました。

 

 

風俗店というのは基本的に知り合いに出会わないように事前にお客さんの顔をチェックできものなんですが、そのときは暇だったということもあり私のミスでもあるんですけどお客さんの顔をチェックしないままでお客さんの前にでていってしまったのです。

 

 

そこで何がおこったのかというと、みなさんも推測できているかもしれません。

 

 

そう、知り合いの人がお客さんとしてきていたのです。

 

 

もう結構な顔見知りでお互いの顔をみたときに「あっ!」という声をだしてしまったくらいです。

 

 

私は人生終わったーと思ってしまいましたが、幸いなことにその知り合いの男性も奥さんに内緒で風俗通いをしていたということで二人だけの秘密ということになりました。

 

 

いまでもまわりの人には黙ってくれているようでその点はほっとしていますが、あのときの私は人生で経験んしたことのない冷や汗が出てきたのを覚えています。

 

 

やっぱり、風俗嬢として働いているということが親にバレたり旦那にばれたりということはかなりリスクなのは間違いないのでみなさんも風俗で働くときには知り合いには気をつけてくださいね。