イケメンが私の働く風俗にきた

私が風俗でつとめていたときのことを友人に話すと風俗嬢って大変なんでしょ?とかきついんでしょ?みたいなことばかりきかれるのですが、私はけっしてそんなことはないと思っています。

 

 

もちろん風俗という仕事は辛いこともたくさんありますけど、風俗で働いている時に嬉しい事ってやっぱりあるんですよね。

 

 

とくに私が嬉しいと思うことはなんといっても自分の好みの男性がお店にきてくれたときなんですよね。

 

 

女性もやっぱりかっこいいなと思った男性の体には触れたいという気持ちはもっているものですよね。

 

 

普通、一般的な世界で好みの男性に出会ってもいきなりエッチな展開になるなんていうことはほとんどありませんし、エッチな展開にまでもっていこうと思ったらデートもしなければいけないですし、お金もかかっちゃうので結局途中で面倒になってあきらめちゃう女の子も多いと思うんですよ。

 

 

私はまさにそんな感じの女の子だったのです。

 

 

でも風俗に働いていると男性もエッチな事をしにきているわけですから、すぐに自分の好みの男に触れることができるんです。

 

 

やっぱり、これが風俗に働いているなかで一番楽しいことではないかと個人的には思っています。

 

 

私が働いているなかでは私の好みの男は一年間の勤務で5人くらいありましたが、なかでも一番印象にのこっている男性はとってもイケメンだったのを覚えています。

 

 

あれは私が風俗で働きはじめてまだ一ヶ月くらいのことだったんですけど、お店にフラッと入ってきた男性はどこかのモデル?ってなくらいにスラっと身長が高くてめちゃくちゃイケメン。

 

 

会社帰りなのかスーツをきていて最高に凛々しい男性でした。

 

 

もちろん、お店で待機している同僚たちは狂喜乱舞で私が相手するとみんなが色めきだっていました。

 

 

私も当然相手をしたいので神に祈るような気持ちで待っていました。

 

 

すると奇跡が起きて彼は私を選んでくれたのです。

 

 

私はうっきうきで彼がまっているプレイルームへ入りました。

 

 

そこに待っていた男性はカメラ越しで見るより圧倒的なイケメンっぷりでした。

 

 

普通風俗といったらお客さんが興奮して女性に襲いかかってくることもあるくらいですが、そのときばかりは私のほうが興奮してしまってお客さんの体を舐めまわすということになってしまいました。

 

 

風俗で働いているとたまーにこういったイケメンの相手ができるので割りと楽しかったりするんですよね。

 

 

それにお金も結構もらえちゃうので男ひでりの女性には結構おすすめですよ。