風俗で性病って本当にあるの?

風俗で働くことへの不安はなにかありますか?という質問を風俗で働くことに興味があるという女性に聞いてみるときまってこういう答えが返ってくるといわれています。

 

 

それはなにかというと、風俗店で働いた場合には性病のリスクはどれくらいあるのでしょうかということなのです。

 

 

やはり、風俗店ではたらくにあたっては本番行為はないもののフェラチオや素股といった粘膜接触はあるわけですから当然のことながら性病というリスクを無視することはできません。

 

 

もし、女性たちに風俗店で働いてもらいたいからといって性病なんてまったくありませんよなんてことをいってしまったら嘘をついていることになってしまいます。

 

 

ここは正直にいって風俗の世界には今も性病というリスクはあるものです。

 

 

しかし、性病のリスクはあるものの自分の対策でかなりリスクは抑えることができますし、選ぶお店によってはほとんど性病のリスクがない風俗店だって存在していることをみなさんには知っておいてもらいたいのです。

 

 

まずは、今の風俗店の性病対策がどうなっているかということを知ればそんなに性病のことについては心配することもなくなるのではないかと思っています。

 

 

まずはじめに性病対策がしっかりしている風俗店を選ぶことが性病のリスクをおさえるための絶対的な条件になります。

 

 

これは風俗求人情報サイトなどをみるときに次のような項目に注意をはらって見てみてください。

 

 

ひとつめは健康診断は個人で費用をもつことになるのかお店がもってくれるのかということです。

 

 

性病を早期発見するためには定期的な健康診断というものがかかせません。

 

 

基本的に健康診断は個人で負担することが多いですが、風俗嬢のことを本当に気遣ってくれるお店は健康診断の費用をお店負担でやってくれるところがあるのです。

 

 

そして、もうひとつはプレイのときにお客さんにコンドームをしてもらうことを要望できるかということです。

 

 

これもお店により違うのですが風俗嬢の希望をいえばお客さんにコンドーム使用を義務化させることができるお店もありますので性病が気になる時にはこういった項目が書いてあるところを選ぶといいでしょう。

 

 

そして、性病が気になる時の最大の対策としては性病のリスクがほとんどない風俗店に働きにいくということでしょう。

 

 

といいますのも、たとえば手コキ風俗やセクキャバといったところではキスくらいはあるかもしれませんが基本的に濃厚な性接触はないので性病のリスクはぐぐっと減ることは間違いありません。

 

 

こういったことを頭において風俗店選びをすれば安心して働けるかと思います。